口臭に効くうがい薬って?おすすめは半日続くこれ!

      2017/08/17

eb586a0801e5c2e686e45cacc628cada_s

口臭とうがいって、実はかなり相性がいいです。

というのも、口臭によっては喉から匂うタイプもあるからです。

 

でもせっかくうがいするなら、口臭に効くうがい薬を使いたいですよね。

ということで、口臭対策ができるうがい薬をご紹介します。

 

うがい薬で口臭を予防!おすすめは…

a82454cb6e27d7ad91e1435ec7b422ba_s

まずは、うがい薬の王様、イソジンから見ていきましょう!

 

イソジンの成分は、ポビドンヨードという、ヨードチンキと同じ効果を持つ、

殺菌消毒剤です。

 

 

ヨードチンキは、アルコール溶液のため人体への刺激が強いので、

粘膜にも使える消毒薬として作られたのがポビドンヨードです。

どちらも、遊離ヨウ素という強力な殺菌成分で作られています。(*^^*)

 

ポビドンヨードは刺激が少ないため、その用途は広く、うがい薬から、

外科の手術時の消毒にまで使われています。

もちろん、歯科でも同じように使っていますよ。

 

 

このような理由で、イソジンでうがいをすると、口臭の原因である雑菌が

綺麗に消毒されるため、口臭対策ができます。

 

しかし、雑菌を消毒するとは言っても、長く効果が続くわけではありません。

 

うがいをした時に一時的に除菌されますが、しばらくすると、口腔内は以前と

同じ状態になってしまいます。

 アズノールうがい薬も、口臭の効果は同じ…

アズノールうがい薬もイソジンとほとんど同じで、

口臭予防効果はあるものの、それほど長続きはしません。

 

ちなみにイソジンの方が、アズノールうがい薬より、

殺菌力は高いと言われています。

口臭に効くうがい薬といえば、コンクールF

51m0+iWz60L

次は、コンクールF です。

こちらは、クロルヘキシジンが成分。クロルヘキシジンも殺菌消毒剤です。

 

こちらの洗口液は、歯科医院や歯科の大学病院でもおすすめされた方、

多いのではないでしょうか?

 

 

濃い緑色のボトルに白字で“ConCool”と大きく書かれているのが特徴で、

100mlボトルの値段は税込みで1050円です。 

 

ネットなどでも購入可能ですよ。

 

コンクールFは薄めて使用するタイプの洗口液なので経済的です。

 希釈のバランスは、水(ぬるま湯でもよい)2550ccに対して510滴。

 

 

水量の見当がつかないという方は、いつも使っている歯磨きコップの

8分の1~4分の1を目安にするとよいでしょう。

 

絶対に分量を守らなければならないということはないので、大まかで大丈夫です。

水またはぬるま湯にコンクールFを入れたら、攪拌させましょう。

 

 

攪拌後は混合液を口に含んでよくすすいだ後に吐き出してください。

使用回数に規定はありませんが、毎食後・就寝前に行うのがベストです。

 うがい薬なのに、半日も口臭予防ができる?

この製品ならではの特徴としては、以下のようなことがあります!

  • グリチルリチン酸アンモニウムが炎症を抑えてくれます
  • 殺菌力が強く効き目が長い(約半日持続)
  • 緑茶抽出液の働きですすいだ後お口スッキリします。
  • 洗口液独特の刺激がなくていいです
  • 自分の好みで希釈率を変えられるのはいいところ
  • 小さいボトルなので場所をとらないけど、長持ちする(最大で700回すすぎ可能)

 

イソジンやアズノールFよりも、口臭予防効果が長持ちします!

もちろん、うがい薬としての効果も十分です。

 

是非、うがい薬で口臭予防されてみては如何でしょうか。(*^^*)

ちなみにAmazonなら、2割引で購入可能ですよ!

⇒AmazonのコンクールFの販売ページはこちら


arrow_gradient_blue_right

このサイトで売れてる、口臭ケアグッズ

1位 薬用オーラルクリスター・ゼロ

口臭の原因がわからなくても、これ1本でOK!

とにかく一本で口臭を予防してしまいたいという方に、売れています。

今月末まで定価の30%OFF&舌ブラシ付きキャンペーン中。

2位 オーラルデント

口が乾くor食後の匂いが気になるなら、ピッタリ!

外出先で口臭対策をしたい!という方に売れています。

今月末まで初回950円キャンペーン中。

3位 薔薇の滴

口臭がバラの香りになって、とにかく誤魔化せる!

「無臭の口臭より、良い香りにしたい!」という方に売れています。

今月末まで初回980円キャンペーン中。

 - うがい薬